結びつける水星
a0075956_14537.png

9日(月)20時から10日(火)3時45分、
10年ぶりに水星が太陽を横断。

前回は2003年5月、2006年11月でした。
次回は2019年11月。
日本で見られるのは2032年だそうです。

太陽にもっとも近くて小さな水星は、
この地球のこの世界を支えている…と言っても過言ではない星。

エネルギーキーワードは、
コミュニケーション、知性、言語能力、学習能力、神経、
交通、通信、情報処理…など。

錬金術の奥義書でもあるエメラルド・タブレットでは、
水星は「逆にあるもの同士を結びつける」ことをあらわします。

左右に分けて描かれた太陽と月、火星と金星、木星と土星の仕事を
結びつける、受け容れる聖杯の役目。
男性性と女性性のエネルギーを結びつける両性具有の星なのです。
a0075956_143191.jpg

水星は大天使ラファエルが守護しています。
ラファエルは、風、西方位、医師、理性、正義をつかさどり、
人々の霊魂と生命の樹を守護し、人々への癒しを役職とする天使です。

逆にあるもの同士は、理性と正義、
知性とコミュニケーションを持ってこそ
結びつけることができるってことかもしれませんね~。

その水星は22日まで逆行中ですが、
牡牛座で逆行中の水星が10年ぶりに日面通過…ということは、
経済やお金、身体、健康、自分自身のルーツに関して見直しを
促されるとともに、改善させていくための新しい気づきを得る
…という合図です!^^

水星の逆行期間中、何らかの出来事によって、
知らぬ間に当たり前だと思ってきたこと、拘ってきたこと
思い込みや偏見、悪癖や習慣、
持たなくても良いプライドという壁にまず気づき、
それらが不要だということに気づき、
その壁を自ら打破して正々堂々と行動していきたい!と、
思っている自分自身に気づくことが増えると思います。

また、視点を変えて自分の現実を見つめ直してみることで、
無理だ、ダメだ…と思ってきたことに意外な突破口が
見つかったり、予想外のアイデアが浮かんできたり、
有益なアドバイスが貰えたりして、方向転換や
再チャレンジで立ち上がる人たちが多いと思います。

7~15歳頃に熱中していたこと、得意だったことを思い出し、
それらを再び日常生活に取り入れてみると…、
昔の自分にはあって、今現在の自分が見失ってしまって
断念していたことを再びトライする勇気や希望を取り戻し、
新たな可能性の扉を開けていけそうです。

乙女座で逆行中の拡大と発展の木星が
10日から順行に戻って前進し始めますから、
一進一退の足踏み状態でモヤモヤした停滞感を
感じていた方々は動き出しやすいタイミング。

14日(土)前後は、水星と金星がコンジャンクションとなって
懐かしい人たちとの再会もありそうです。

なお、水星逆行中は、通信手段や交通機関の乱れ、
急な変更やアクシデント、連絡の行き違いや約束の時間の勘違い、
コミュニケーション上の誤解やトラブルなどにご注意を!

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-05-10 01:30 | 占星術
<< 2016後半へのギアチェンジ プレアデス星人たちへ >>