「33」の年
a0075956_23433311.jpg

2月4日「立春」、東洋暦の新年です。

丙申(ひのえさる)の年。
六十干支では「33」番目の組み合わせです。

この「33」という数字。

エデンの園に植えられた「生命の樹」も
10個のセフィラとダアトの「11」と「22」のパスで
合わせて「33」です。

「11」…天地の融合、新しい生命の誕生
「22」…すべての空間と時間
「33」…生と死、アルファとオメガ

この3つのゾロ目数はマスター・ナンバーといって
高次元エネルギーの特別な数として宇宙全体を表しますが、
通常の一桁の数の意味と2つ並んだ数の意味を融合します。

「11」…「2」…知恵・相対性&「1」…王冠・始まり
「22」…「4」…慈悲・安定 &「2」…知恵・相対性
「33」…「6」…美・調和 &「3」…理解・創造性

「3」は宇宙を統一する神秘数で、このエネルギーの
作用によって新しい「力・知識・意識」を生じ得ます。
「6」は能動性と受動性の調和、男性性と女性性の調和。

イエス・キリストは、「33」歳の時に
十字架で亡くなって生と死を体現するとともに
創造性を表す「3」日後に復活しました。

仏教で救世菩薩と呼ばれる観音菩薩は、
「33」の姿に変幻自在に変身できる菩薩です。
人間の姿にも変身できて、
弥勒の世へ人類を導く救世主、弥勒菩薩です。

ミロク=「3」「6」「9」

エメラルド・タブレットによると、宇宙には
1次元界から9次元界までの9つの宇宙があって、
それぞれに1つの宇宙意識が入っていて、
私たちの3次元の物理宇宙は、
6次元の境界を持つ管の中を螺旋を描きながら
回転して存在しているとのこと。

これ、とっても同感^^v

また、この3次元物象界の「空間・時間」は、
9次元界の性質を持っているそうで、
9次元界というのは4次元界のような霊的世界ではなく、
この3次元物象界に高次元意識が融合した
高次元物象界だそうです。

地球の内部には全次元界との接点的な場所があって
そこに9次元界的な存在がいるものの、
そこに入るためには地上の物質的振動の空間層から
出なければならず、それが出来る場所のひとつが
エジプトの大ピラミッド。

そして、この3次元の物理宇宙は、1956年から
最後の周期の第7サイクルに入っているそうです。

…で、今現在、私たちの宇宙は5次元界へ移行中。

私はエメラルド・タブレットというのは、
5次元界からのメッセージだと思っていまして、
3、5、7次元界が物象がともなう世界、
4、6、8次元界が霊的な世界、
9次元界が全超越・統合調和の世界だと思っています。

以前「意識の構図」「いよいよの時」「続・ミステリーセブン」
などで書いたことをシンプルにすると↓
a0075956_23493286.png

5次元はメンタル体、図形では6角形、六芒星、
プラトン立体の正12面体です。
正12面体は全宇宙の象徴で、
水の象徴の正20面体と双対関係になります。

太陽系の惑星では、
正12面体は火星、正20面体は金星を表し、
火星=能動性、男性性、金星=受動性、女性性。

そして今年2016年は、
東洋暦では生命の樹と同じ「33」の年。
3+3=「6」の年でもあり、
2+0+1+6=「9」の年でもあります。

5次元界にいる魂の先輩たちに導かれながら、
自分自身の「天」の表と裏、陰と陽、光と闇…の
「3」と「3」の六芒星と、
「地」の表と裏、陰と陽、光と闇…の
「3」と「3」の六芒星を美しく調和させていく年。

ちなみに、暗黒の方にも9次元界まであって、
ネガティブなエネルギーで自分自身を縛って
善業カルマを積まずに悪業カルマを増やしていると、
今生の魂の試験をパスできずに
暗黒の3次元以下の世界に落第となって、
人間に輪廻転生することは難しいそうです。

補習や追試は無い感じ。。。
人間に変身したミロク菩薩にチェックされてるのかも…^^;

…というわけで、改めて立春から始まる2016年。
2月4日も「6」です。

今生の心身一緒懸命に一日一善!
美しく調和する年にしていきたいですね~^^v

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-02-04 00:00 | スピリチュアル
<< 宇宙文明連合 生存の目的 >>