もうひとつの地球
a0075956_21271840.png

10個のセフィラと22個のパスで描かれている、
エデンの園に植えられた「生命の樹」。

10個のセフィラは天体と対応し、
22個のパスはタロットカードに対応していて、
上から順にエネルギーが流れ下りてきて、
一番下の地上の物質界に到達するとされています。

一番上のケテル(第1セフィラ)が冥王星、
一番下のマルクト(第10セフィラ)が地球。
…で、チャクラとも対応させてみました。
a0075956_2102195.png

天王星と海王星のエネルギーを統合する、
人類の精神性と普遍性の最も高いところにある冥王星は、
人間の深層意識をあらわし、
死と再生のエネルギーをあらわす星。

もうひとつの、霊性の、5次元の、
天地の神様の…地球だと思っています^^
…というのも、天王星、海王星、冥王星の公転周期は↓

天王星= 84.022年 
海王星= 164.774年 
冥王星= 247.796年 

天王星+海王星= 248.796年
冥王星の公転周期との差は、ちょうど地球の1年!

冥王星のエネルギーが順番に下りてきて地上に到着して、
地上のエネルギーと混ざり合って順番に上がっていって
冥王星に到着すると…ちょうど地球時間で1年の時差です。

例えるなら…今日、地上で意識したことは、
1年前の今日、冥王星から必然的に発信されたエネルギーで、
今日、地上で意識して発信したエネルギーは、
1年後の今日、必然的に実ってる?!…と思います^^;

さらに、この公転周期を12(星座)で割ると
1星座に滞在する平均はこちら↓

天王星=  7.00年
海王星= 13.7年
冥王星= 20.6年

天王星 + 海王星= 20.7年
冥王星の1星座の滞在平均の差は、ちょうど地球の1ヶ月!

四捨五入すると上から「7、14、21」になり、
7の倍数で「1:2:3」。
ミステリー・セブン1、2、3!
ひ~ふ~み~…の確変です~^^;

かなりの必然かと。。。

7、14、21の数秘は「7、5、3」。
日本の神事の「七五三」です(笑)
三歳=冥王星、五歳=海王星、七歳=天王星。。。^^;

冥王星は去年の3月から山羊座15度台を進行しています。
29日から16度台に入って後半度数を進んでいきますが、
逆行期間もあって、来年いっぱいは
15度~18度台を行ったり来たりします。

15度~20度への流れとしては、
表面的に大人のフリをしている内面的に幼い子供の大人が、
その内面の幼い子供の純粋な感情を開放し、
実社会で真の人間性を成長させるプロセスを表します。

三つ子の魂から出直して、この実社会で
真の人間性を成長させることを促されています。

大人の「七五三」ですかね。。。
千歳飴は自分で買ってください(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-01-19 20:00 | スピリチュアル
<< ディスティニー・メイト 運命共同体 >>