アセンデッド・マスター
a0075956_2094881.jpg

不老不死のタイムトラベラー「サンジェルマン伯爵」。

18世紀に突然フランス社交界に現れて活躍し
40歳ぐらいの容姿のまま2000年以上
生きていると伝えられる謎の紳士。

宝石を散りばめた衣装を身にまとい、
複数の言語を話し、博識で音楽や芸術、
化学や錬金術にも精通していて、
賢者の石を液化した生命の水(エリクサー=霊薬)を
口にする以外は食事を必要とせず、
壁や扉を通り抜けることもできたそうです。

実際には肉体の死が記録されていることもあって
不死身というわけではなく、
イエス・キリストと同じく時空を超えた別次元から
地球人として肉体を持って生きることが可能な
半神半人の霊人。

ニューエイジ思想では、アセンデッド・マスター
(=次元上昇した偉人で宇宙の叡智の霊的指導者)の1人、
聖(セント)ジャーメインとも呼ばれています。

明治時代の日本で国が認めた超能力者といわれる
長南年恵さんも、20歳の頃から年をとらず、
生水以外は殆ど口にせず排泄物も無かったとのこと。

空気中から万病に効くご神水など様々な物質を
取り出していたという彼女の出生時間は不明ですが、
四柱推命で観てみると、確かに只者ではなく、
まさに水の女神のような命式。
太陽のサビアンシンボルも「ピラミッドとスフィンクス」。

アセンデッド・マスターだ…と思いました^^;

そういえば、
プーチン大統領にも不老不死説があります↓
似ている人は沢山いると思いますけどね~(笑)
a0075956_2010827.png

医学的に不老不死というのは、
リング状の遺伝子を持っていれば有り得る話で
確率的に今までに5人ほどいるそうです。

不老長寿薬が発売されることが現実的になった現在、
このまま放射能などで自然環境も生態系も
変化し続ければ、近い将来、人の遺伝子が突然変化して
リング状になっても不思議ではなく、
容姿も変わってしまうように思います。

その遺伝子を持つ人のクローンが同時に複数
つくられるようになれば、
地球以外の複数の星に同時に生きることも
可能になる…とも思います。。。
a0075956_208214.jpg

そして地球と他の星のオリジナルとクローン、
クローンとクローン同士が自分自身を見つけては
「あ、宇宙人だ!」とか言ってたりして…(笑)

そしてそして、
遺伝子がリング状になっていない人たちからは
アセンデッド・マスターとか言われたりして…(笑)

いずれにしても、魂は永遠。
限りある肉体を持って生きているからこそ、
人生の一瞬一瞬が尊く、儚く、美しい…と思います。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-01-11 20:00 | スピリチュアル
<< 巡り巡るテーマ 起死回生の新月 >>