無限大
a0075956_2251612.png

2020年の日本は400万人減で平均年齢50歳。
2人に1人が65歳以上の社会が予測されています。

戦後1945年に約58%だった生産人口比率は、
1990年に約70%に増えたものの
2010年には約63%に減り、
2020年には約59%となる見込み。

日本人の平均寿命は、
女性86.83歳、男性80.5歳でともに過去最高、
男女合わせると84歳で世界一。

このまま人口が減少して高齢化が進み、
医療やテクノロジーは発達し続ければ、
既存の仕事は機械化が進んで失業者が増え、
消費は減り、税金は増え…、
全国的にゴーストタウン化していくことも
予測されています。

昨年、早ければ2016年末には
不老長寿薬が発売されるというニュースもありました。

人の染色体の先端部にある「テロメア」という
寿命に関係する部位を修復するテロメラーゼ酵素の
研究によって開発された薬を飲むことで
平均寿命150歳も可能になるとのこと。

平均寿命が150歳になれば
生産年齢も120歳ぐらいまで上がりそうですが、
そうすると今度は他の様々な問題が浮上してきます。

ただ、星の動きからして、
人間の欲望や欲求の質も価値観も変わっていき
消費生活は無縁になり、仕事も資源も食料も変わって
SF映画のような世界が現実になると思います。

今年5月31日に地球に最接近する火星への
移住計画も本格的に進んでいますが、
火星は33~38億年前の5億年もの間、
地球のような環境だったことが確認されています。

ちなみに私は、火星で生きた経験が無いのか
記憶が薄いだけなのか、
地球に転生する前は金星にいたようでして^^;

私自身は肉体が無いエネルギー体で、
マンホールぐらいの大きさの丸い鏡のような窓から
地球や他の星の様子も見ていたのですが、
その時の金星も地球のような環境で人もいました。

この宇宙に存在している星は、
どこも地球のような環境だったことがあったorあり、
どこの星も、天災や人災を機に地下へ潜るか
他の星へ移住するかを続けている人類や生命体がいる様子。

宇宙も地球の海の中も95%が未解明とされているものの、
3次元の物質化現象として地球も他の星も存在していて
人類が進化or退化して高次元の知的生命体になって
未解明なことが解明されても、この3次元の現象世界は
それぞれの認識ごとに存在し続けるんだと思います。

…というのも昨年末、
小さな6人のエネルギー体の宇宙人が
ヒョッコリと現れまして(笑)

リトルグレイとか不気味な生命体ではなく、
幽霊や妖精とも違う、お地蔵様みたいなエネルギー体で
全次元世界のバランスを調整する使命とのこと。
自らの意思で行動する習性や概念が無さそうで
ちょっと切ない気持ちになりましたが、
色々と教えてもらいました。

…で、結論だけ言うと、やはりこの宇宙は
今という一瞬の中に永遠が無限に続く、
多次元・同時・マルチ・パラレルな世界…だと確信^^

色即是空・空即是色・無限大です。

予測、予想、想像、妄想、ヒラメキ、思考…
全部ブレンドされて創造され続け、
宇宙は無限に広がり続けています。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-01-08 23:00 | スピリチュアル
<< 起死回生の新月 初詣 >>