続・ミステリーセブン
a0075956_030090.jpg

前回の続きです。

肉体、エーテル体、アストラル体、
メンタル体の世界は、人間ひとりひとりの、
自分自身の、想念の世界。
今この瞬間の想念によって創られています。

その上は、神々(高次生命エネルギー)
によって創られる領域。

先に想念の世界が形成され上から順に
下がってきて、一番下がこの肉体を持つ
3次元の物象世界で、それぞれの現実。

殆どの人はメンタル体の世界(=霊界)から
生まれ変わっています。
簡単に持論をまとめるとこんな感じ↓
a0075956_0552939.png

a0075956_117623.png

資本経済によって物質至上となり
お金と権力に支配されている現代の世界。

日月神示には、今の人間の9分9厘は
幽界と繋がっていて霊の9分9厘は邪霊、
夜明け前になると世界中に霊がかりが
ウヨウヨだから自分を審神するように
…と書かれています。

また、
「五六七」のミロク(弥勒)の代から
「六六六」のミロクと世となり、
「六六六」の天地人が
マコトのミロクの世であるけれど、
「666」となってから「六六六」と
ならなければならないと書かれています。

ヨハネの黙示録の「666」の獣は
偽救世主、偽預言者、悪神、邪霊…なので、
そんな霊がかりがウヨウヨになってから
本当の弥勒の世になるということ。

ミロク=弥勒菩薩(=マイトレーヤ)は、
お釈迦様の入滅から56億7千万年後の未来に
現われて多くの人々を救済するとされる未来仏。

以前、光の使者エルちゃんと対話した際、
「日本神話は事実ですか?」と聞いたところ
「あなたは知っていますよ、
 旧約聖書の創世記を」…でした。

日本神話はイザナギとイザナミが混沌から
日本を産み、その後に神産みをしていますが、
ヘブライ語で
イザナギ=救いの統治者、
イザナミ=救いの王子…です。

イスラエルの12支族(=天孫12族)が
日本に渡来して
イザナギとイザナミとして天孫(天皇)を立て、
大きく調和すべく「大和」を作っています。

そしてユダヤ教(古神道・旧約聖書)の
真の神道(原始キリスト教)を完成させて
統治していく動きの中、仏教が日本に入って
続いて景教(=キリスト教・新約聖書)が
入って、聖徳太子の死後は真の神道が封印。

聖徳太子=イエス・キリスト=アマテラス
=スサノオ=牛頭天王=大国主命=弥勒菩薩
=ミトラ神=ヘルメス神=ネプチューン
=大天使メタトロン=熾天使ルシファーetc

封印されたままの真の神道が、
この世の天の岩戸を開くカギ。

そのために大前提として、
誰の心の中にもいる「666」の獣との、
自己の光と闇の最終決戦に打ち勝つ必要が
あるわけで、光と闇、善と悪…という
相対性を超えた完全調和を意味する
「7」の神秘のパワーを発揮したいところです。

…ということで、「7」にちなんでお知らせ^^v

7年前の2008年12月のこと。
いつもお世話になっている自由が丘の
ロックバー「ゾネ」に
グレイのような宇宙人が来たとのこと。

リエさんがビックリしていると
宇宙人はどこかに消え、
次に天使みたいな存在が現れて
大きな羽をバサッと広げて
「半年後に連れてくる…」とだけ言って
消えたそうです。

2009年6月。
リビングの電気を消そうとした私の前に
突然、キラキラした光を放つ
大きな神々しい存在が現れました。

その2週間後、
以前お勤めしていた会社の先輩が
行きつけのバーがあるというので、
連れて行って頂きました。
それが「ゾネ」でした。。。

つまり…「ゾネ」に宇宙人と天使が
現れてから7周年!(笑)

そこで…12月~6月の7か月間、
ワークショップを再開します。

詳しくは改めて告知させていただきますが、
年月日を足して「7」の日の、
16時~18時で「7」~「9」の時間に
2時間 5,000円(税込)の「7」で
全「7」回セットで開催していきます。

**********************************
光の使者7周年記念
< 7つのチャクラを開く神秘のワークショップ >
~Open your 7 doors(for yourself)~
 
第1回: 2015年12月 5日(土)
第2回: 2015年12月14日(月)
第3回: 2015年12月23日(水・祝)
第4回: 2016年 1月 6日(水)
第5回: 2016年 1月15日(金)
第6回: 2016年 1月24日(日)
第7回: 2016年 2月 5日(金)
**********************************

お読みいただきまして、ありがとうございます。



by divine-msg | 2015-11-18 00:30 | スピリチュアル
<< ツインツインソウル ミステリーセブン >>