テトラッド
a0075956_537414.jpg

中秋の名月から一夜明けて9月28日(月)11時51分、
天秤座の太陽4度台と牡羊座の月4度台での満月、
皆既月蝕&スーパームーンです。

今回の満月は、
2014年4月15日、10月8日、
2015年4月4日、9月28日と、
約半年ごとに皆既月蝕が4回連続する
「テトラッド」という珍しい現象のラスト4回目。

「変容・変革」を意味する日蝕や月蝕の中でも
テトラッド現象というのは、過去2,000年間に8回しか
観測されていないことから不吉な現象とされています。

4段階で段階的に変容していく一連の変容ステップなので
今回の皆既月蝕が「起承転結」の「結」。

27日に破壊と創造の冥王星が順行に戻ったため
新しい現実世界を創造するエネルギーもパワフルです。

太陽のサビアンシンボルは、「心の内面の知恵を教える男」。
親しい人との関係の中で自分の内なる意思が露わになり、
自分がどうしたいのか・・・?がハッキリする様子を表わします。

月のサビアンシンボルは、「翼のついた三角」。
三角は創造性の象徴。

三位一体というように、
父・御子・聖霊/母・父・子供/太陽・月・地球/
力・智慧・愛/スピリット・マインド・ボディ/
過去・現在・未来・・・などを象徴し、
抽象的なヴィジョンや概念を直感的に理解して
無から有を生み出していく様子を表わします。

つまり・・・、
親しい人とのコミュニケーションを通して
漠然としていたビジョンが、
電光石火のような直感力によって明確になり
新しい現実世界を創造する変容エネルギーに包まれています。

個々に、この1年半の間に漠然と考えていた、
思い浮かんでいた、何気なく「こんな風にしたいな~」と
口にしていたことなどが直観的に繋がって
純粋な哲学になる・・・そんなイメージ。

これまで努力して頑張ってきたことへの収穫と、
これから歩き出す道はつねに同時1セット。

これまでの延長線上の次の道、方向転換して全く違う道、
どの道を選んで順風満帆or紆余曲折に歩こうとも
すべては子供の頃から無意識に魂が望み続け、
日々叶え続けている今生のビジョンへの創造プロセスなのでね。

********************************
<アルチュール・ランボー「永遠」より>

もう一度探し出したぞ。
何を?永遠を。
それは太陽と番(つが)った
海だ。
*********************************

テトラッド4回目となる大変容のエネルギーに包まれて
今週は、内なる「火」と「水」が融合して、
もう一度、またひとつの「永遠」が見つかるかも・・・?!

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-09-28 07:00 | 占星術
<< レプリカたち サターンリターン続編 >>