幻のオリンピック
a0075956_803549.png

更新のタイミングを逃しまして、はや9月^^:

1日は、火星と金星が獅子座でピッタリ重なって
ラブラブなエネルギーに包まれながら
太陽と海王星は180度となり
意識と無意識の対立を暗示していました。

そんな中、オリンピックのエンブレムが白紙撤回。

私には最初から東京オリンピックを開催している
未来の光景が視えてこず、
ニュースを観ても何も感じてこず、
不思議な感じがしています。。。^^;

時代の流れを象徴する3天体、
天王星は7月27日~12月27日まで牡羊座内を逆行中。
海王星は6月14日~11月19日まで魚座内を逆行中。
冥王星は4月19日~ 9月26日まで山羊座内を逆行中。

金星も9月6日まで獅子座内を逆行中。

あくまで地球から逆行しているように見えるだけですが
占星術では「見直してやり直す」ことを意味します。

歴史は繰り返されるというか・・・、
1940年の夏季に開催予定だった東京オリンピックは
戦争で中止になりましたし、星たちの動きからも
2020年のオリンピックも似て非なる展開はあり得るかも。。。

1940年の「幻のオリンピック」は
1929年から招致活動が始まって
1936年に東京での開催が正式に決定されたものの
1938年7月に中止が決定。

1939年に第2次世界大戦が勃発して
オリンピック自体も中止になりました。

現在、84年サイクルで12星座を1周している天王星は、
12星座の最初の牡羊座にいます。

前回84年前に天王星が牡羊座にいたのは、
1928年1月13日~1934年6月6日。

翌日から牡牛座に入って一旦牡羊座に戻り、
正式に牡牛座にいたのは
1935年3月28日~1941年8月7日。

つまり、1940年の幻の東京オリンピックの
招致活動が開始された1929年は天王星は牡羊座にいて、
開催決定の1936年、中止決定の1938年、
第二次世界大戦が勃発した1939年には
天王星は牡牛座にいました。

そして、昨今の大変革&再出発エネルギーが
ヒートアップしている流れの中、84年ぶりに
2010年5月28日に牡羊座に入って
一旦魚座に出戻り、東日本大震災の翌日の
2011年3月12日~2018年5月15日まで
牡羊座にいます。

2020年の東京オリンピックの招致活動が始まった
2011年も、開催が決定した2013年9月7日も
天王星は牡羊座にいました。

天王星が牡羊座に入ってから
山羊座にいる死と再生の冥王星と7回もスクエアを形成し、
日蝕や月蝕も連続していて、大変革に拍車がかかっています。

また、海王星も2011年4月4日から
本来の座である魚座にいてパワーアップ中。

天王星が牡牛座に移動するのは2018年5月16日です。
一旦牡羊座に出戻って正式には牡牛座に入るのは
2019年3月6日~2025年7月6日。

やはり、他の星たちとの関係を観るほどに・・・
地震?!戦争?!
2018年に牡牛座に移動したら・・・
オリンピック中止?!

未来は無数に分岐し続けているので
どんな未来もあり得ますが、
予期せぬ突発的な出来事が起きやすいのは確かかと。。。

昨夜23時すぎ、
家の前のマンションの火災警報が鳴り響き
消防車が次々と到着して明け方まで近所中が大騒ぎでした。

突発的な出来事でした~^^;
a0075956_8393517.png


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-09-05 09:00 | 占星術
<< チームワーク 現実化スイッチ >>