ヴォイニッチ
a0075956_2343595.png

1912年にイタリアで発見された古書「ヴォイニッチ手稿」。
発見した古書商のヴォイニッチ氏に因んで名付けられたそうです。

学者さんたちが研究し続けても、未だに何語で
何が書かれているのか解らない謎の文字の古書で、
羊皮紙が使用されていることから炭素による年代測定によって
1404年~1438年の書物と特定されています。

230ページに渡って謎の文字がビッシリと書かれ、
黄道十二宮、113種類の奇妙な植物、瓶の中の薬、
女性たちなどの不思議なイラストも沢山描かれていています。

・・・で、この「ヴォイニッチ手稿」についての私の見解!(笑)

パっと眺めた時は、ルネッサンス期のものというだけに、
1450年頃に作られた最古のタロットカードの画家や、
その時代の芸術家たちが、作品を仕上げる途中で
トランス状態になってチャネリングして自動書記??と
思いましたが、ちょっと違います。

たぶん・・・、カバラのフラワー・オブ・ライフや生命の樹、
フトマニやカタカムナと同じような類の
宇宙や植物など自然界を構成している元素の科学書です^^

パラレルワールド(同一次元に存在する並行世界)の、
音譜や数字、音列や数列みたいな文字で書かれています(爆!)

パラレルワールドに行って戻ってきた人が書いたものなのか、
向こうの世界の人がこっちの世界に来る時に持ってきたのか、
時空の歪みで紛れ込んじゃっただけか・・・
経緯は分かりませんけど~^^;

イラストに描かれているのは全て女性たちのようですが、
この女性たちは、生命のエネルギーで、元素で、星で、女神で、
そんな女神たちが植物に宿っているよ~という
万物に精霊が宿ることの喩え。

パラレルワールドでは、細かなところが似て非なるので
奇妙に見えるイラストの植物も、あっちではメジャーな植物。

気が向いたら解読してみたいと思います(爆!)^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-07-29 00:00 | スピリチュアル
<< 人工知能 核心 >>