キミが世
a0075956_2221226.jpg

古今和歌集の読人しらずの短歌で
世界一古い国歌「君が代」。

正式に国歌として制定されたのは
1999年の20世紀末。
ヘブライ語に訳せることでも話題になりましたね。

君が代は    立ち上がれ
千代に     シオンの民
八千代に    神に選ばれし民よ
さざれ石の   喜べ 人類を救う残りの民として
いわおとなりて 神の予言が成就する
こけのむすまで 全地あまねく 宣べ伝えよ

東京に都が移されたのが明治で、
現在は平成27年。

現在は日本しか使用していない
元号というのは、中国の「易経」や
「書経」などに由来しているため
ちゃんと流れがあります。

明治…「聖人南面而聴天下、嚮明而治」<易経>
    聖人が南面して政治を聴けば、
    天下は明るくなり治まる

※風水では宮殿は都の北に築かれるので、
 天子(天皇)が南に住む民の声を
 よく聴けば明るく治まるという意。

大正…「大亨以正、天之道也」<易経>
    天が民の言葉を嘉納し、
    政(まつりごと)が正しく行われる

昭和…「百姓昭明、協和万邦」<書経>
    人々がそれぞれ徳を明らかにすれば
    世界が共存繁栄

平成…「内平外成、地平天成」<史記と書経>
    内外、天地とも平和を達成

単純に文字の語源だけで考えてみても、
明治=日と月、水の流れを調整する
大正=堂々と前進する
昭和=太陽を迎えて声と声が調和する

平成の「平」という字は、
一と八と十で成り立つから「一八十(いわと)」。

平成=一八十が成る=岩戸成る
一から八、九、十とすれば、
「九(きゅう、く、こ)」が抜けてるので
「九」が入って一八九十(いわこと)
= 岩言=祝言

つまり、祝詞を宣ると岩戸が開いて
内外天地が調和する~^^ 

「日月神示 黄金之巻 第44帖」

歌でイワトひらけるぞ。
皆歌唄え。
各(お)も各も心の歌つくって奉れよ。
歌、結構ぞ。

ひふみゆら、ひふみゆらゆら、
ひふみゆらゆら。

また、
同じく黄金之巻の第47帖では…、

ナル(成る)とウム(生む)は
同じことでもあり、ナルとは成る言、
自分が大きく成ること、
自分の中に自分つくり内に生きることで、
ウムとは自分の中に自分つくり外におくこと
…とも書かれています。

神示を自動書記した岡本天明は、
「大本」の出口王仁三郎に
影響を受けた神道家なので、
一般の人たちが祝詞を呪文のように
唱えたところでパワーはなく、
それぞれにリラックスして
素になれる大好きな歌など、
とにかく嬉しく楽しい~っていう
気分が肝心要かと…^^;

そうすると、本当の「平成」の世。

キ(黄金の気)
ミ(身に実って)
ガ(我ら)
ヨ(世)

君が代なり~^^

汝の治世が 幸せな数千年であるように
われらが主よ 治めつづけたまえ
今は小石であるものが 時代を経て
あつまりて大いなる岩となり
神さびたその側面に苔が生える日まで

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-03-04 23:00 | スピリチュアル
<< 春の嵐 後ろの正面 >>