テンの岩戸開き
a0075956_445967.jpg


テンちゃんです^^;

前々回からの続きの完結編。
いきなりですが、神話に出てくる神々というのは・・・
宇宙人です(爆!)

変幻自在な異次元プラズマ生命体の半神半人で、
昔と未来の地球人で、人類の創造主です(爆!)

そんな人類の創造主である神々の創造主は、
森羅万象すべての創造主。

大いなる力(大いなる神)で、
大いなる気(大歓喜・希望のエネルギー)で、
大いなる潜在意識(根源の集合意識・真我)で、
強烈なプラズマで闇を包み込む大いなる光。

現実は、それぞれが創造し続けている
色即是空・空即是色の世界なので
「過去↔現在↔未来」は同一時間軸とは限りませんが、
つねに絶えず、神々も、大いなる神も、
この万華鏡のような多次元同時共存のパラレルワールド宇宙の
“今”ここに在る自分の中にいます。

キリスト再臨や天の岩戸開きは真我に目覚めることを指し、
その過程においては、
「目覚めた!」と勘違いした偽救世主たち、
悪神を支持する人たちが登場して世の中が混乱するものの
もはやこれまでか~という時に、
本物の救世主たちが必ず現れます。

現代物理学の量子論では、自然界の基本の4つの力
「重力」「電磁力」「強い力」「弱い力」の組み合わせが、
あらゆる物理現象を引き起こすとされる中、「無(真空)」に
電子と陽電子のペアが突然出現することが観測されていて、
プラスとマイナスの素粒子が絶えず生まれては消えて相殺される
「無(真空)の力(ゼロポイントエネルギー)」があることが
証明されています。

無(ゼロ)から宇宙を一気に創り出してしまう大きな力が
たえず存在しているということです。

また、人間が観測できる宇宙は5%、
残りの95%の未知の宇宙には宇宙を広げ続けている
「謎のダークエネルギー」があるとされていますが、
これが真空の力(ゼロポイントエネルギー)だという
仮説も有力視されていて、かつてアインシュタインが
生涯最大の失敗とした宇宙項が再び浮上中~^^

この宇宙の99%以上はプラズマだとする宇宙論もあり、
私としても、この宇宙の未知なる謎のダークエネルギーの正体、
真空の力は、「気=潜在意識=プラズマ」だと確信しています^^

現在この宇宙は、光速の3.5倍のスピードを保ちながら
宇宙誕生直後から約1100倍に広がり続け、
温度は「絶対零度」に向けて下がり続けています。

太陽はおよそ11年周期で磁極逆転を繰り返していて、
そのたびに黒点数が増加して太陽フレアが頻発しています。

そして地球は現在、
数十万年ごとに約4千年かけて起きるポールシフト(磁極移動)が
驚くべきスピードで起きてる最中。。。

地球には地殻があるので、
太陽の黒点と同じような磁気渦が拡大しても
プラズマを磁気群に形成させるため、
フレアが起きることはないそうですが、
世界中でオーロラが発生しまくり、磁場は崩壊していきます。

磁場が変わると、当然ながら一時的に地震や噴火、
地面が盛り上がるなどの天変地異が起きやすく、
動植物や人体への影響が起きる可能性が大。

・・・が、同時に、北極と南極にプラズマに包まれた
ワームホール(亜空間)が開き、
現在の地上とは異なる別次元の新しい世界が
現れることになると思います。

伝説の地底王国「シャンバラ」、
旧約聖書外典エズラ記の「アルザル」、
ハイジャンプ作戦でバード少尉が体験した
地球に内包されたパラレルワールド、
伝説のムー大陸、アトランティス大陸、レムリア大陸・・・
などの顕在化。

天地ひっくり返って内なる地球=内なる神(真我)の世界
=「〇九十(マコト=誠=真の言が成る)」世界
= 弥勒(ミロク・666)の世
=「ゼロ・和・輪(〇)」の中に「テン・点・天・十・10(・)」
=太陽(☉)の中心 = いよいよ良い良い「日の本」が登場です!

これぞ天の岩戸開き~v^^v
救世主チームのリーダーは日本人かも?!

ポールシフトを難なく過ごして、ミロクの世を実現するには
日々ひとりひとりが能動的に、心身の浄化に努めて
今を生かされ生きていることを純粋に喜ぶ意識が必須条件。

それぞれの心が、それぞれのこの世であの世で前世で来世。
肉体の生死は関係なく、つねに今の心次第。

「善悪は、それを用いる者の心の中にあり。
祓ったま清ったま~」(笑)
a0075956_425547.jpg

「それが運命(さだめ)じゃ」
a0075956_5111090.jpg


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-02-23 06:00 | スピリチュアル
<< 後ろの正面 光をもたらす者 >>