続・麻賀多神社
a0075956_16543630.jpg

私の影です(笑)

麻賀多神社は「勾玉」と「鏡」がご神体、
御神紋は麻の葉の「6」角形で六芒星、
私がひいたお御籤は「9番」でした。

私の誕生数が「3」だから
三位一体「3・6・9 = ミ・ロ・ク」!
こじ付けすぎ。。。^^;

…となると、三種の神器のもう1つ、
スサノオが退治したヤマタノオロチから
出てきた「剣」が私?!…は微妙。。。

1日と15日以外は無人の神社ですが、
帰りのバスに乗る10分前に
急に氏子さんがいらっしゃって、
「来る予定じゃなかったんですけど、
神様に呼ばれたんですかね…」と仰って、
ラッキーなことに御朱印とお守りを
いただくことが出来ました~^^v

精霊ちゃんです^^
a0075956_14111093.jpg

岡本天明氏が、麻賀多神社で
最初に自動書記で書かされた日月神示。

(原文)
二二八八れ十二ほん八れ 
㋹の九二のま九十の㋹のちからをあら八す四十七れる

(解読文)
富士は晴れたり日本晴れ 
神の国のまことの神の力を現す世となれる

自動書記は17年間も続き、
原文は漢数字と絵文字だらけで
岡本天明も読めずに捨ててしまったものも
あるというほど。

解読文が全39巻にまとめられていて、
古語のせいかマトモに読むと「???」ですが、
サラッと音を流し読むと「なるほど~」って
思うことが多々あります。

肉体のないプラズマ生命体である
神霊や宇宙人たちは、3次元言語が存在しない
意識エネルギーの波動通信なので、
世界中で見つかっている古代の文様文字、
神代文字、カバラやフトマニなども同じで、
言霊・音霊・数霊・形霊・・・メッセージ。

日月神示の中で岡本天明に自動書記させ続けた
ヒツグ(日津久・日嗣・日月)の神が、
”宣(の)れよ”と伝える「ひふみ祝詞」と
同じ内容のペトログラフ(岩石文字)が
熊本県の弊立神宮で発見されたり、
日本中で発見されたペトログラフや
古代文字の中には
古代シュメール文字が幾つかあったり…。

宇宙人=古代シュメール人
=古代日本人=古代ヘブライ人

考古学者で日本ペトログラフ協会会長の
吉田信啓氏によって、
麻賀多大権現の塚が発見され、
ヒツグの神の正体は…、どうやら
古代シュメール時代の肉体を持って
日本を統治した人だったことが
分かっているそうです。

全次元超越・宇宙生命皆兄弟~^^

「へぇ~」…と木に腰かける宇宙人です(笑)
a0075956_16133937.jpg


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2014-12-20 17:00 | スピリチュアル
<< ヨハネ(48音)の黙示録 麻賀多神社 >>