すべてのご縁は永遠全生
a0075956_23354378.jpg

天の浮舟のような今日の夕陽です^^

1980年以降、時代の潮流も科学や技術など色んなことが
猛烈な速さで進歩してますよね。

これ、太古や未来の私たち(=宇宙人)が地球レスキュー隊を送り込んで
巻きを入れてるからだと思ってます^^;

昨年、元カナダ国防省ポール・ヘリヤー氏の公言が世界を驚かせました。

● 何千年も前から4種類のエイリアンが地球に来ている。
● 今いるエイリアンのうち5種類の名前は、
  ゼータ・レティクル、プレアデス、オリオン、アンドロメダ、アルタイル。
● 少なくとも2人がアメリカ政府機関で働いている。
● 彼らのテクノロジーで地球を救うことができる。
● その情報開示を阻む「陰の政府」がアメリカには存在し、
  宗教の違いなどから生じる様々な不和を引き起こしている。

そろそろ開示されるというか秘密にできなくなると思います^^;

また、数年前に話題になった
1996年にロシアで生まれたボリスカくん。

前世で火星に住んでいたという彼は、
生後4ヶ月で簡単な単語を、8ヶ月で完全な文章を、
2歳からは火星をはじめとする惑星や文明を、
7歳にして科学者もビックリな話を語り出しています。

ポリスカ君は火星にいた頃、
宇宙船を操縦して頻繁に地球に来ていたとのこと。

地球は80万年前でレムリア人の文明の全盛期だったそうですが、
巨大な大陸が荒れ狂う水で沈んでしまい、
レムリア人の友達を助けられず亡くしてしまったことに
責任を感じていて、今生の再会が定められているから
地球に生まれ変わってきたんだそうです。

しかも、レムリア人は身長9メートル、火星人は7メートル。
神話や伝説にも巨人族の話が出てきますし、
巨人族の高度な文明社会ならピラミッドなどの
巨石を運ぶのも楽勝ですしね。

21世紀に入ってから、
こうした前世記憶を持ったままの子供たちや、
天才児(=ギフテッド)が明らかに増えています。
一昔前までは異常扱いされてしまうことが多かっただけかも><;

スピリチュアル用語では、
インディゴ、クリスタル、レインボーチルドレン、
ワンダラーなどと言われていますが、
占星術では生まれた年の星の配置から
大きく同じ宿命を持つグループで、
医学的にも遺伝子構造などの変異が見つかり始めています。

魂は永遠、人は永遠に生き続けるからこそ、
肉体が死んでも、すぐに自らの使命を胸に
ちゃ~んとタイミングを見計らって
生まれ変わってこれるなんてホント凄いことですよね。
どうやって~って感じですが。。。^^;

宇宙も地球も、この世もあの世も、過去も現在も未来も、
幾多の前世も来世も、全部同時に“今”に存在する
多次元パラレル世界で、地球人も宇宙人も皆が
つねに全部星人の生まれ変わりで、
つねに全部星人として生きてるからこそ、
やはり「ご縁は一生!」というよりも、
今生の自分自身、他人、モノ、コト、時間、場所・・・
「すべてのご縁は永遠全生」です~^^v

先日、3年半前の公開セッションでの
光の使者エルちゃんのメッセージを改めて読み直してみたところ
一度読んだ本を改めて読み直す時のように、
深く深く腑に落ちていく・・・そんな感覚になりました。

皆様も改めて読み直していただけたら嬉しいです。
2011年7月7日 光の使者より

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2014-11-29 00:15 | スピリチュアル
<< 鍵を握る者 続・宇宙の叡智~999~ >>