DNA
a0075956_032534.jpg

人間のDNAは2重らせん構造で、
脳は7%程度しか使われていないことが発見されてから60年。

組み合わせ次第では12重らせん構造が可能だそうですが、
昨年には3重らせん構造の子供たちが見つかったり、
人間の体内には4重らせん構造のDNAがあることも証明されたり
5年~20年前からDNAの突然変異が起きているようです。

3重らせん構造のDNAが見つかった最初の子供は、
生まれつき盲目で重度の障害を抱えていることから
色んな検査をして見つかったそうです。

その後に見つかった3重らせん構造の子供たちは皆サイキックで、
念じるだけで物を動かしたり、空のコップに水を満たしたり、
テレパシーを使ったり、肉体的にも免疫力が高く、
一般的な病気にはなりにくいようです。

人間は皆、近い将来の間には
彼らのようになっていくことが考えられるそうで
病気自体が無くなるのかもしれませんね~^^

科学や医学などの進歩、環境汚染、生活の変化…などを踏まえれば、
人間の進化というか自然治癒力による環境適応化というか、
DNAが変化するのは当然ですが、いよいよ~
“未来人=宇宙人=太古人”に近づいてきて、ちょっとワクワク~(*^^*)

まぁもともと、宇宙のしくみと同じように人間が知覚して証明できないだけで、
DNAも無限大にあって、今後どんどん進化して超人化して、
肉体を持たないエネルギー体になっても、知覚して証明できることも
同じピッチで生じると思いますけどね。

あちこちの星で〇〇星人やって、
エネルギー体になってみたら詰まらなくなって(爆)、
3次元の肉体を持って生きる素晴らしさに気づいて、また地球で原始人。

そんな未来も昔も“今”この瞬間の中ですが、
肉体が無いと時間の概念も無くて詰まらないから、
人間は永遠に無いものネダリなんですかねぇ~^^;

私の母は5人兄妹の4番目の長女なんですが、
2番目のお兄さんは脳性小児麻痺で
2歳ぐらいから1日中ベッドの上の人生です。

全身けいれんの発作を繰り返し、目はほとんど見えず、
耳も聞こえにくく、2歳までの記憶から家族の名前がなんとか言える程度で、
生きていくのは難しい…と言われ続けながら、今日で81歳になりました!

この伯父の存在は、生きている人と亡くなった人、
精霊などが区別できずに過ごしていた子供の頃の私にとって、
人間って何?人生って何?死ぬって何?神様って何?・・・などと、
最初に疑問を抱いたきっかけだったようにも思います。

そんな伯父は何故か、目の前や隣に座った人が誰なのか、
同じ部屋にいる人たちが誰なのか解るらしく、
母の兄妹それぞれの家族単位で名前を言いだすことがあるんです。

〇〇のお嫁さんが〇〇さん、〇〇の子供が〇〇ちゃん・・・って、
解ってることが不思議。。。@@

時代を先取りして、80年前から5重らせん構造なんだと思いました~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2014-11-04 00:00 | スピリチュアル
<< 万能マルチ療法 2015年に向けて >>