赤い月
a0075956_7183256.jpg

4月15日16時42分、
天秤座の満月の皆既月蝕(日本では部分月蝕)。
キリストの磔刑の時と同じ、“赤い月”です。

月蝕は、個人の感情や意思、価値基準の変革を意味します。
この満月のサビアンシンボルは天秤座26度、
「互いに入れ替わる鷹と大きな白い鳩」。

月蝕同様、感情や意思の変容を意味し、
自己の中の相反する力が、助け合いながら
入れ替わることが鷹と鳩に象徴され、
理解したことを行動に移し、
知識や知恵を身につけていく変身を表しています。

反対側の太陽は牡羊座26度、
「自分が持ちうる以上の贈り物を所有している男」。
多方面から変化を突き動かされ、あらゆる可能性を信じて
実現させていくことを表しています。

昨年10月19日に反転の組み合わせだった満月から半年、
ついに対極が統合調和して変身する時が来た~という
ゴングが鳴り響く・・・というのが今回の満月です。

そして、4月20日には木星と天王星が90度(スクエア)、
21日には木星と冥王星が180度(オポジション)、
22日には天王星と冥王星が90度、23日~24日には
元旦のグランドクロスが進化と深化をとげて、火星が木星と90度、
天王星と180度、冥王星と90度となる
完璧な正方形のグランドクロスが形成。

“前進するための予想外の突発的な大変革”です。

革命の星である天王星と、
破壊と創造の星である冥王星の90度(スクエア)は、
2012年の6月~2015年前半までに7回起きる5回目で、
社会のシステムの抜本的な変革、
新しい時代の幕開けを意味しています。

また、今回のグランドクロスは、
牡羊座-蟹座-天秤座-山羊座のいずれも13度で起きるため、
この4つの星座生まれの方々は特に、
新しい世界へ飛び込んでいく現実的な変化が顕著になると思います。

その後、25日には木星が14度へ移動し、
火星もゆっくりと逆行しながら離れていきますが、
グランドクロスの余韻は5月中旬まで続きます。

前進するための創造的な破壊、再出発…という変化を、
表面的にとらえて試練とするか?幸せな人生へと創造的に活かすか?
その価値基準、判断、意思決定、選択、行動は自分次第、
常にそれぞれに委ねられています。

価値観が変わって付き合う人間関係や環境や仕事が変わり、
現実が変わっていき、何かのきっかけで人間関係や環境、
仕事などの現実が変わって価値観も変わっていき、
仲良しだった人と疎遠になったり、苦手だった人と仲良くなったり、
移転したり、異動or転職or独立したり、
結婚or離婚したり…などなど、人生の方向性、歩み方が変わったと
感じることが増えると思います。

4月29日15時14分は牡牛座の新月(南極で金環日蝕)。
日蝕は「社会の変革」を意味します。

この新月でのサビアンシンボルは牡牛座8度、
「雪がまだ降っていない時期のソリ」。
できるだけ準備を整えて未来を迎えましょう~と背中を押されます。

牡牛座は、愛と美の女神 金星が支配星。
金星はお金の象徴でもあります。

「お金」= 見えるもの、「愛」= 見えないもの、
どちらも膨らみ続けることを好む循環のエネルギーです。

見えるものと見えないもののバランスがとれていること
= 「美」だと思います。

“今”という永遠の中で、
より美しい時代へと、より美しい世界へと、
より美しく輝かしい人生へと、力強く踏み出していく・・・
そんな再出発の大きな一歩となる1ヶ月です。

ちなみに今年は、
現実化のエネルギーが最強なので目標達成しやすい傾向。

私は先週、
アプリの「ソリティア」で自己ベストを更新しました(爆)

お読みいただき、ありがとうございます。
by divine-msg | 2014-04-15 08:00 | 占星術
<< カミナリ カラダからのラブレター続編 >>