コミットメント vol.2
a0075956_9114323.jpg

オーラソーマ イクイリブリアム・ボトル
B058 オリオン&アンジェリカ

私は今、ここに来ている、
変化は今、起きている。

インナーチャイルドの恐れの克服を助け、
ネガティブな感情を変化させ、
抵抗力を高めて神経の過敏さを軽減する。

*********************************

~続きです~

不思議なことに、私はその男の子に
怒りも憎しみも感じませんでした。

理由も意味も何が何だか分からない…
というのが私には最大ストレスで、
思考も感情も行動もストップしてしまい、
「怖い」しか感じなかったからでした。

怒りや憎しみを感じていたら、
確実に反撃してたと思います…(爆)^^;
ターゲットにされた理由や
イジメられる原因があったなら
思いつく限りの方法で
対処もしていたとも思います。

嫌悪、怒り、憎しみ、失望、嫉妬、
執着…などネガティブとされる感情、
その感情によってアウトプットされる
言動はすべて、愛の一種、
愛の裏がえし変化球…みたいなもので、
その根源は「恐怖」です。

愛⇔恐怖 > 愛⇔増しみ > 愛⇔怒り>…
みたいなイメージ。

人は、言葉も話せない赤ちゃんの時の一瞬の
恐怖体験だとしても、根源の恐怖に気づいて
認めてあげないかぎり、表面的には
時も人も場所も状況も変え、その「恐怖」を
感じるような望まない現実を繰り返し
創り出していきます。

もう少しだけ事例を書くと…、

3.小学生の頃、プールの中で悪フザケした
  男子2人に脱がされそうになりました。
  私が仲良しだった別の男子数名が
  助けてくれてセーフ。

4.中学生の頃、帰り道で別の中学の
  知らない男子3人に追いかけられて
  犯されそうになりました。
  火事場の馬鹿力で逃げきってセーフ。

5.中学生の頃、貧血で倒れてしまい、
  ベッドで寝ていたところ、
  保健室の先生が不在の時間を見計らって
  体育の先生が入ってきて、
  無理やり犯されそうになりました。

  必死に抵抗してたら、
  保健室の先生が他の先生と戻ってきて
  ぎりぎりセーフ。

  とっさに、体育の先生が、
  まるで私を心配するような取り繕った
  言動をしたことが更にショックでした。

…と、20代後半まで似たような話が
多々あるので割愛しますが、
幼稚園の男の子の時を除けば、いずれも
自力で逃げ切るor助けてくれる男性が
現れています。

つまり、私の根源の恐怖は、
何が何なのか分からない…
自力ではどうにもできない…
話せる人も、分かってくれる人も、
助けてくれる人もいない…という孤独。

この根源の「孤独=恐怖」というのは、
じつは万人共通です。

愛=統合=調和 > 恐怖=孤独=分離…
みたいなイメージ。

この根源の恐怖を感じてしまう相手から
性的欲求を満たす対象にされた…と
思った瞬間、ムリ!怖い!気持ち悪い!
…と“性嫌悪”を感じて拒絶。。。

私の場合、仕事、恋愛、友人など
身近な男性の言動に恐怖を感じると、
その人に戦いを挑んでいく傾向。。。(爆)

恋愛においては、
勝っても負けても谷底に落ちますが、
一戦ごとに気力だけパワーアップさせ
より高い山を目指し、より強者を求め、
谷底から這いあがるパターンでした^^;

傷ついた私の女性性が、
「この人はイザという時に、
私を守ることが出来るか?」を試して
人として信頼できるか否か…を
確認したがっているんだと思います。

まぁ私自身が変わろうとしない限り、
本当に求めている山にも人にも
出会えるわけがなく…^^;

抱えてきた「恐怖」に気づき、認め、
本当に求める「愛」に、
自ら向き合ってコミットメント
していくことで…

カルマ解除!
霊性も人間性も上昇!
変容&再生!

大切な人たちとの愛も絆も
大きく深く強く…育んでいけるように
なれるのだと思います~^^

お読みいただき、ありがとうございます。
by divine-msg | 2013-10-26 10:00 | スピリチュアル
<< さそり座パワー コミットメント vol.1 >>