ソウルグループ劇団
a0075956_1591090.jpg

今月は緊迫した変革エネルギーが充満しています。

社会レベルでも個人レベルでも
「それで、これからの人生、あなたはどう生きるつもり?」と、
あらためて根本的なことを考えさせられるような出来事が
いつ勃発してもおかしくない気配なんです。。。

5日(土)に「パートナーシップ」を意味する天秤座の新月が起き、
サビアンシンボルは12度「鉱山から出てくる炭坑夫」でした。
そこに、天王星と冥王星は「魔のT字」を形成。

自分との、他人との「パートナーシップ」を育み、
周囲との調和のバランスを取りながら、これまで以上にしっかり1人で立ち、
能動的に自分のオリジナリティを伸ばすこと、
自分を縛ってしまう拘りや価値観、習慣を変容させ、
新たな価値観でものごとを掘り下げ前進していくこと…が
今まさに宇宙から促されています。

先日、光の使者エルちゃんに確認したことがあります。

地球上の100年という時間は、宇宙では0.05秒ぐらいだそうです。
魂は永遠の旅を続けているので、
今生で出会った人たち、これから出会う人たちは皆、
「宿縁=同じ宿のご縁」でつながる魂の家族で兄弟姉妹、
ソウルグループ劇団の仲間たち。

亡くなられて肉体が無くなった方々は、一瞬でまた誕生しています。
地球では何十年、何百年は経ってしまいますけど…^^;

そんな宿縁で出会った人たちと、
今生はもちろん、前世から来世へと長い時間をかけて、
何を感じ、何を学び、つねに“今”在る自分を、
どのように受容し育て生かしていくのか?によって創造し続けるのが運命。

人と人とが「パートナーシップ」を育みながら、カルマを昇華して返済し、
徳を積み、今生の使命や課題をクリアし、真実の自己の意識(魂)を、
宇宙創造の根源エネルギーを、その愛と調和の光を、
より大きく広げ、より美しく輝かせるために…、
つねに“今、我ここに在り”が永遠に続いています。

また、今生の一瞬一瞬の中に生じる感情や思考は、
記憶や自覚の有無に問わず、つねに“今”の中に、
自分自身が360度まるごと永遠に生き続けていて、
現在進行形でパラレルワールドが無限に創造され続けています。

物理的に20~30年後にタイムトラベルは可能になると思いますが、
自分が体験する現実の同一タイムライン上の過去には移動できず、
過去と未来のパラレルワールドに移動可能…ということになると思います。

まるでハリウッド映画みたいな光景。。。
映画が創られるプロセスのように、人間が想像すること、想像できることは、
地球orどこかの惑星で、過去or未来に、すでに経験した魂の記憶なので、
“想像=創造“、そこに不可能は無いそうです。

光の使者エルちゃんメッセージです↓
********************************************
あなたの今回の人生に与えられた…あなた自身が決めた…
あなた自身の意思の力と肉体を使って あなたが納得のいくように 
行動に変えていける…エネルギーを注げる…
その時間と肉体には 限りがあります

有限のなかに 無限のすばらしさがあり
無限のなかに 有限のすばらしさがあります

有限のなかで あなたは 無限に広がり続けていくことが出来ます
無限のなかで わたしたちは 有限のなかの あなたとともにあります

あなたの周りの人たちに あなたが見るもの聴くものに 
どうぞ恐れず あなたの愛を 素直に与えて欲しいのです
あなたの周りの人たちの愛を あなたが見るもの聴くものの愛を 
どうぞ恐れず 素直に受けとって欲しいのです

愛し愛され 信じ信じられ 必要とし必要とされ 
与え与えられ 受けとり受けとられ 
あなたがあなたに 認めて許した分 
与え受けとるエネルギーも大きくなっていきますよ

あなたが何かをする時 その成果 可能か否かという結果は 
あなたが決め続けています

あなたが あなたに課している制約に気づき 観念をはずし
ありのままのあなたを受け容れ続け
わたしたちと一体となって行い続けていくこと…
どんなことも可能になりますよ 

限られた時間と肉体のなかで 
今 何を想い 何を願い 誰を愛し 何を行いますか?

********************************************
先週、元同僚が今生を終えて天に帰りました。
別れというのは何度経験しても辛く寂しく、
色んな想いが込み上がりますが、
「お疲れ様。ありがとう。またね!」でお見送りしました。

肉体があるからこそ、感じ考え行動し、経験できる…
限りある中で生かされ生きる尊い人生、
“今”のすべてに感謝ですね~。

お読みいただきありがとうございます。
by divine-msg | 2013-10-08 01:00 | スピリチュアル
<< 10月後半 神の月 >>