感覚と理論
a0075956_5193559.jpg

知覚可能な宇宙 = 自覚している顕在意識 = 10%前後
未解明な宇宙  = 自覚しにくい潜在意識 = 90%前後

未来永劫、この比率は不変で永遠だと思っています。

1人=1宇宙、地球人類70億人=70億の宇宙。
それぞれの人の顕在意識には、
その人の幻想の現象を知覚した“今”という「現実」があり、
それぞれの人の潜在意識には、
その人が「現実」として創造できる「可能性」があります。

「可能性」には制限がありません。
宇宙が膨らみ続けるように
個々の人生も「創造」され続けています。

光の速度は一定で、宇宙には絶対的な時間と空間は存在せず、
相対的に変化するということ、
すべての物質に含まれるすべてのエネルギーは
『質量×「光の速度」の二乗』であるという等価原理のもと
「重力」によって時空が歪み
「光」が曲がることを提唱したアインシュタイン。

「物体」がもともと持っている「質量」は一定で不変です。
「質量」と「質量」の間には「引力」が働いています。
「引力」は、大きく4つの力
(重力、電磁気力、弱い力、強い力)に分けられていて、
地球上の物体が地球から受ける力が「重力」で、
その「重力」の大きさが「重量」です。

また、物体が他の物体に対して
仕事(動かしたり変化させたり)する能力=「エネルギー」で、
物体に仕事をすることで、その物体自体に
エネルギーを持たせることも可能です。

こうした物理学的な理論と、私が感じて視てきたことを合体させ、
勝手に置き換えた独自の説があるので発表します。。。
ちなみに、光の使者エルちゃんも了承済みです^^;

「物体」 = 肉体という衣を着た人間
「質量」 = 宿命・魂・真我(ハイアーセルフ)など…
「引力」 = ご縁
「重力」 = エゴでの欲望や欲求
「重量」 = 欲望や欲求の大きさ
「光」  = 真我(ハイアーセルフ)の望み
「エネルギー」= 人間が人間に働きかける能力

この地球上の同じ時代に、
「質量」=“魂”を肉体という衣に宿した“人間”
=「物体」として生まれ、
今生の自分が出会う家族や友人知人というのは、
「引力」=何かしらの同じ志や課題を持つ“ご縁”で結ばれた
ソウルメイトでありカルマメイト~^^

その出会いによって、
「エネルギー」= “人間が人間に対して働きかける能力”が生じ、
「エネルギー」を交換したり分かち合ったりすることで
互いに増強されていきます。

しかしながら、「重力」=“エゴでの欲望や欲求”が大きく
「重量」が重いほど時空が歪み、
「光」=“真我(ハイアーセルフ)の望み”が曲がってしまいます^^;

欲望や欲求が悪いということではなく、
人間として生きている以上は自我があって当たり前で
生きるために必要な原動力でもあるので、
その度合い、“自律”しながら生きることが大切だということ。

「力」×「長さ(動いた距離)」=「エネルギー(仕事)」ですから、
生まれ持った潜在的な能力を、
「引力」=ご縁によって活かしながら歩いた距離が、
“今”という現実を生きている自分のエネルギー。

そして、生まれ持った潜在的な能力を、「引力」=“ご縁”の中で、
「重力」=“欲望や欲求”を満たしながら歩いた距離も、
“今”という現実を生きている自分のエネルギーです^^

ただし、人間も自然もマクロからミクロの世界まですべてが、
ミクロからマクロへ、マクロかからミクロへと、
全体調和のために、それぞれの一定のリズムとサイクルで
連鎖反応をし続け、循環している…というのが
宇宙森羅万象の真理であり、自然の摂理。

「重力」=“欲望や欲求”も度をこせば、
自然の摂理に反してリズムが乱れ、
自他ともに傷つけていくだけで誰も幸せにならないような場合は、
調律や調整にも限界がきて
強制的な破壊と再生を余儀なくされていきます。

ブラックホールは、
惑星のような姿カタチはない強力な「重力」の集まりです。
光さえも飲み込んでしまいます。

人間も同じように、“エゴでの欲望や欲求”が度を超してしまうと、
自ら創り出した怨念の世界に支配され“真我”を見失ってしまいます。

・・・で、何が言いたいかというと、

肉体という衣を着た人間=「物体」は、
つねに“今”という自分の現実において、
同じ魂の使命や課題=「質量」を持つ者同士が
惹かれ合うご縁=「引力」で出会い、
互いにエゴの欲望や欲求=「重力」を感じ、
その欲望や欲求の「重量」に合わせて、
自律する意思力を発揮しながら歩くことで、
歩いた分だけエネルギーが増強され、
時空を超越し、真我の望み=「光」ある世界が次々と開かれていく…。

大切な人たちとエネルギーを分かち合って育んでこそ、
「光の世界」を広げていくことが出来るってことです^^

お読みいただき、ありがとうございます。
by divine-msg | 2013-08-12 08:00 | スピリチュアル
<< 籠の中の鳥は… ありのままに >>