元気の秘訣
a0075956_256571.jpg

現在、世界の総人口は約70億人。
紀元前8000年頃は100万人、紀元前2500年は1億人、
西暦1000年頃は3億人だったとされています。

1900年には 20億人、1960年に30億人、
1974年に40億人、1987年に50億人、
1999年に60億人…と、
文明の発達と経済成長にともない人口もピッチを上げて増加中。

WHO加盟国194ヶ国を対象にした世界各国の総人口ランキングでは、
1位は中国の約13億人。
日本は10位で約1億3千万人ですが、昨年からは減少傾向にあり、
2030年以降は、なんと毎年100万人ずつ
減少していくと予想されています。

世界の平均寿命ランキングでは、男女の平均寿命は、
日本、サンマリノ、スイスの3ヶ国が83歳で1位。
日本は、60歳以上の割合も1位で31%。

また、同じく世界194ヶ国を対象に、
生活費、経済、治安、天候などの「生活の質」を採点した
「住みやすい国ランキング」というのもあります。
1位はフランス、2位はオーストラリア、3位はスイスで、
日本は36位><;

少子高齢化による各種制度の改革問題は世界的にも緊急事態ですが、
日本は緊急も緊急でヤバすぎ。。。

縄文時代の推定寿命は男女ともに13歳前後だったそうです。
その後の時代もあまり変わらず、
14~16世紀でも世界的に15歳前後@@;
その後、医療は発達していくものの逆に争いも激増。
17世紀で20代後半、
18世紀も19世紀も30歳代だったようです。

日本は戦後1947年にようやく男女の平均寿命が50歳前後、
1950年で60歳前後、1960年で60代後半、
1970年で70歳前後、
そして21世紀に入ってから80歳代に突入。

・・・が、古事記に記載されている大昔の天皇というのは、
初代の神武天皇が127歳、考安天皇が123歳、
崇神天皇が167歳…。
聖書の中の人たちも、アダム930歳、メトシェラ969歳、
アブラハム175歳・…。

創世記の中に、
「人の年齢は120年にしようと仰せられた」とあり、
「私たちの年齢は70年。健やかであっても80年」ともあるので、
1度の人生で「悔い改める」学びの時間は平均80年、
転生して別の経験してまた学んでね~!というのが
神様の計らいなのかも。。。

そう考えると、
現代の日本の平均寿命は実はちょうど良いってことになります^^

ちなみに、確実に確認できている歴史上の最高齢者は、
122歳と164日間を生きたフランス人女性のジャンヌ・カルマンさん。

若い頃から健康に関して特別に気をつけているようなこともなく、
85歳でフェンシングを始め、100歳になっても自転車に乗り、
夫や子供が他界してからは110歳まで独り暮らしで、
オリーブオイルが好きで、飲んだり肌に塗ったりしていたそうです。
しかも、117歳までタバコを吸い続け、ワインを飲み続け、
1週間に1キロもチョコレートを食べ続けていたという現代の超人@@;

続く最高齢者は、
119歳と97日を生きたアメリカ人女性のサラ・ナウスさん。
チョコレート、カシューナッツ、ポテトチップスが大好物で、
長寿の秘訣は、「年齢を気にしないこと」
「嫌いな野菜を無理に食べないこと」と答えたそうです@@;

家族や友達を見送り続け、何度も戦争を経験して、
辛いことも悲しいことも乗り越え続ける人生だったと思いますが、
変なガマンや無理をすることなく、
とにかく自然体で日々を楽しもうとする生き方、それが、
いつまでも健康で元気に歳をとっていく秘訣とも言えそうです^^

世界中の人たちが元気に安心して楽しく暮らせて長生きできる、
そんな住みやすくて生きやすい世の中の仕組みを
創っていける人たちが、
これからの救世主になるのかもしれないですね~。

まずは、
オリーブオイルを飲んでチョコレートを食べたいと思います(爆)

お読みいただき、ありがとうございます。
by divine-msg | 2013-07-18 01:00 | スピリチュアル
<< 読書 起・承・転・結 >>