日本の謎
光の使者をエルちゃんと名付けたのは、
ミカエル、ガブリエル…など
天使の名前に「エル」と付くように、
ヘブライ語で神様を意味する言葉で
短くて呼びやすいからという理由でした。

生まれつき霊的に過敏で悩んできた
自分を受容して仕事にするようになり、
光の使者エルちゃんと日常的に
会話するようになってからは、
私の知らない色んなことを
教えて貰っています。

エルちゃんの世界には
言語というものが存在しないせいか、
地球上の言語に落とし込みにくいような
理解不能、意味不明なことがありますが、
その時の私自身に必要な気づきを
促してくれる情報や知識だろうと思い、
分からないことがあった場合は
なるべく調べるようにしています^^;

…で、この夏、
ひとつ確信したことがあります。

私自身に必要なのか、何なのかは
イマイチまだ分からないのですが、
日本人=古代ユダヤ人です(爆)

「日ユ同祖論」として、
ずっと研究されているということさえ
知らなかった私としては…
ただただ驚き~@@;

日本語とヘブライ語には、
類似共通しているワードが
500以上もあるそうです。

また、私の生まれ故郷である京都、
平安京を開いた秦氏という人は、
ユダヤ人原始キリスト教徒。

聖地エルサレムは、ヘブライ語で
エル・シャローム=平安の都。

エルサレムの別名シオン=祇園
祇園祭り=シオン祭り。
祇園祭りの掛け声「エンヤラヤー」は
「私は主を賛美する」。

エルサレムから東北にあるガリラヤ湖は
「ハープの湖」という意味で琵琶湖にあたり
琵琶湖は平安京から東北。

ハープを奏でることがメシアの証とされ、
ユダヤの王ダビデはハープの名手。
伊勢神宮の内宮から外宮に至る参道には、
その「ダビデ王の紋章」が刻み込まれた
石灯眥が約700基も並んでいたり、
京都の鞍馬山にも刻まれていたり。。。

ダビデ王の紋章はイスラエルのマークで
平安京のマークでもある六芒星。
日本では籠目紋。

偶然にも私はずっと、
六芒星の水晶を自作ブレスレットと
ペンダントにして付けていまして。。。

書き出せばキリが無いほど、
日本の歴史的な文化や習慣の中に
共通事項が多くいんですねぇ。

…で、何が言いたいかというと、
平安京を造営した人は桓武天皇ですが、
プロジェクトを推進した陰の立役者は秦氏。

…が、最初に企画立案したのは
私の大好きな空海~^^

私がこの仕事をしようと決心した
きっかけをくださったのが、
御不動様に行った際に、
空海の仏像がニッコリ笑って、
「早くやりなさい」と言ってくれまして
それ以来、空海の大ファンです。

空海は、伊勢神宮内宮、高野山金剛峯寺、
平安京(現在の京都御所)それぞれを、
2mほどの計算の誤差はあれど、
108kmの距離で二等辺三角形になるように
企画している超人@@;

コンピューターも電卓もない時代なのに、
煩悩の数と同じに。

天体の星座の数は88個。
空海ゆかりの札所も四国88か所。
人間は光の使者エルちゃんとともに
生きていることを悟っていて、
あらゆる方法で伝達し続けた超人…
なんだろうなぁ~と、
やっぱカッコイイ~と思った次第です。

空海の残した数々の功績しかり、
エルちゃんがいつも言うように、
人間の長い歴史の中で、これからの私たちが
どのように生きていくべきか、
未来へのヒントが沢山ありそうですよね~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2011-09-15 04:09 | スピリチュアル
<< 結びつき月間 新月のお告げ >>