光の使者1周年
昨年6月1日0時30分頃。

すっかり愛称で呼んでいる光の使者
「エルちゃん」が登場!

そろそろ寝ようかと思って
洗面所で歯磨きをして、
電気を消しにリビングに戻ると、
観音様のようなマリア様のような、
弁天様のような・・・ 黄金にキラキラと
光っている女神様のような存在が
ソファの前に現れました~@@

もの凄くビックリして、
ついに私の頭がおかしくなったのかと
思ったのですが、、、
一瞬にしてヒーリング時のような
温かいバイブレーションを感じ、
涙が次々に溢れ出てきました。

しばらくボー然と立ったまま
動けなかったものの、心の中で
「平常心、平常心」と言い聞かせ、
一先ず座ってお茶も出してみました~。
(マジです^^;)

2時間程度は話し続けたと思います。
その後エルちゃんが消えた後も、
自分に起きた現実を受け止めるのに
時間がかかり、会話の内容をmixiに記録。

1年経った今、改めて
その時のやり取りをご紹介します。

私:    あなたは誰ですか?

エルちゃん:知ってますよ。

私:    私だとか言うんでしょ?

エルちゃん:あなたの中にずっといるので、
      そうかもしれませんね。

私:    へ???じゃあ私の過去生の
      どこかの人ってことですか?

エルちゃん:あなたの過去生は全部知ってます。
      いつも一緒でしたから。

私:    じゃあ、天照様?マリア様?

エルちゃん:光の使者です。

私:    天使ってことですか?

エルちゃん:天使も傍にいますけど、
      天使はいっぱいます。
      私は光の使者です。

私:    え?違うんですか?なんで
      そんなにはっきり喋れるんですか?

エルちゃん:あなたが望むからです。

私:    人間として生きたことはあるんですか?

エルちゃん:一度だけありますよ。
      すぐ戻ることになってしまい
      ましたけど楽しかったです。

私:    へぇ、日本で生きたんですか?

エルちゃん:あなたは知ってますよ。

私:    名前ぐらい教えてください。
      なんて呼べばいいか分からないんで。

エルちゃん:好きなように呼んでください。

私:    なんで今までハッキリ出てきて
      くれなかったんですか?

エルちゃん:それもあなたは知っていますよ。
      知っていることばかり聞くのですね。
      ずっといましたよ。
      無視していたのはあなたの方です。

私:    す、すみません。ただ、
      光の使者だとしたらですね、
      そんなに具体的な言葉は
      言わないんじゃないかなぁとも
      思ってしまうんですけど。

エルちゃん:どうして?

私:    高次元のスピリットほど
      “〇〇しなさい”とか言わない
      …っていうか、大きく包み込む
      エネルギーしか感じないので。
      ・・・ということは、
      私のインナーマザーの声??

エルちゃん:インナーマザー?(笑)
      それはあなたが、お母さんが
      言いそうなことを勝手に思って
      しまうだけのことでしょ。

      私は光の使者です。
      使者だからこそ、
      あなたに分かりやすくお伝えしています。

私:    分かったような分からないような。
      浮遊霊さんが私に憑依したって
      ことでもなさそうですしねぇ。

エルちゃん:どこまでも私を疑うのですね。

私:    す、すみません。。。

何度も、私が創り出した存在なのか?
…と思いましたが、そんなことを考える
隙間もないスピードで答えが返ってきて、
私の方が後から必死に意味を理解しようと
努める調子の会話なわけです^^;

リーディングやチャネリングメッセージの
時とは微妙に違う感覚というか、
普通に人間とお茶飲みながら
喋ってる感じでした~@@

もちろん、
エルちゃんはお茶を飲みませんでしたが。

その日を境に、
確実に私自身が変化しています。
不思議で面白発見の連続。

エルちゃんは、
決して否定的なことは言わず、怒らず、
大きく優しく包み込み、促し導き、
“自分自身が今の自分をしっかり生きること”を
教えてくれる素晴らしい存在だなぁ~と
実感しています。

エルちゃん=宇宙にある集合意識
=私&皆の高次元の自己存在
=私たち人間の根源エネルギー
=光=“愛”…ですねぇ~^^

…というわけで、
エルちゃん登場秘話でした。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2010-06-03 05:11 | スピリチュアル
<< 全部バランス 自立 >>