センタリング
私には物心ついた頃から、
人間の肉体の中心のようなところが
光の柱のように視えていまして…^^;

…で、こういうお仕事をするように
なってから「当然だわ」と確信した次第。

「自分の中心、軸をとること」を
センタリングといいます。

肉体、頭、心、魂を一体として、
天と繋がり地に足をつけ、
しっかりと自他と向き合って
現実を生きている「今ここ」という状態。

自分という人間を知っていて、
生きる目標が定まっていて、
自他ともに何事にもバランスと調和を
心がけながら自分らしさを磨いている状態。

心が「気づき」「慈愛」「無批判」という
三角形の中心にある状態…のことです。

スピリチュアルなこと、何らかの癒し、
医療、ボランティア…を仕事にする方々は
特に、日々の基本姿勢として努めることが
大事とされています。

スピリチュアルっていうのは、
サイキックやオカルトなどとも混同され、
誤解も生じやすいんですが、
単純に「人として」の人間性を高める意識で
自然体で生きることなので、
私としては反省だらけの精進の日々です^^;

センタリングしている人は、
光の柱ごとキラキラに輝いて視えます。

悩みや心配など様々な原因によって
自分の軸がズレていたり、
何かや誰かに頼った状態であったり、
自分の軸だと思い込んで頼っている何かや
誰かを軸にしているような際、
光の柱が歪んでオーラも薄く視えます。

なので、私としては、、、
「輝かせたいなぁ」っていう想いがあり、
単なるエゴ…ですけど、光が美しいのに
「もったいない」と思ってしまうわけで…
つまり、エコです(爆)^^;

ワークショップの最後の方では、
全員がキラキラになって
ナイアガラの滝の中にいるみたいに
視えてくるため、この上のないほどの
美しい光の絶景になるんですよ^^

フルトランスになってしまって
メッセージをお伝えしていた頃、
私の後頭部が腫れていたことが発覚@@;

翌日になると引いて、
チャネリングした後に腫れるという繰り返し。
そういうことに詳しい人に聞いたところ、
脳の中にある光を感受する役目の松果体が、
短時間に集中的に働くから…とのこと。

そのくらい一人一人の光の柱が
一斉に輝いて創られていく
光のナイアガラの滝はド迫力なんです~。

…で、もうすぐ満月。
3月は1月に続いてブルームーンの月!

満月ワークはお休みさせて頂くのですが、
3月16日の魚座で起きる新月にそなえ、
新月ワークのお知らせです。

魚座の新月が司る意味は、
「想像力、喜び、幸福、霊的敏感さ、
 霊的癒し、大いなる力への信頼、
 無条件の愛、被害者意識の解放…」。

まさしく、センタリングには
ピッタリのキーワードなんです。

そこで、3月14日(日)で決定!
“想像力を発揮して大いなる力を信頼し、
被害者意識を解放して癒し、
無条件の愛に包まれ、喜びと幸福を
分かち合いたい”と思います。

******************************

新月ワーク

3月14日(日)13時30分~16時30分 3時間
¥7,500 当日現金払い
自由ヶ丘デパート 4F ホール

お申込みはメールでお願いします。
by divine-msg | 2010-02-24 03:38 | スピリチュアル
<< 学びの5段階 PQ >>